片耳難聴をカミングアウトできずに悩んでいる君に伝えたいこと

スポンサーリンク

こんにちは!片耳ブロガーまーちん(ma_chin100)です!

「片耳が聴こえないことを周りの人に言えなくて悩んでいる」という方。その気持ち、すごく分かります。わたしも今までそういう場面に何度もぶち当たってきたので。

そんなわたしが伝えたいことは「自分の居心地のいい環境をつくるためには早めにカミングアウトするべき!」ということです。言う時は勇気いるかもしれないけど、早めに言った方が楽になれます!

片耳難聴ってカミングアウトする必要あるのか?

片耳難聴って、周りの人にしてみたら実に分かりづらいハンデですよね。見た目では分からないし、全く聴こえないわけではないから周りの人は言われないと気づきません。

だったら言わなくていいんじゃない?

って、わたし自身思ったこともありました。でも、言わないと誤解されることあるんですよね。

・話しかけられてるのに気づかずに無視してしまう
・相手の言葉が聞き取れずに何度も聞き返す

こちらは何にも悪気がないのに、片耳が聴こえないだけで「なんか感じ悪い」とか思われたら嫌じゃないですか?自分が片耳が聴こえないことを相手が知っているだけで、このような誤解はなくなります。

だから、誤解が生まれる前にカミングアウトしちゃった方がいいですね。

美容室で片耳難聴をカミングアウトするべきか?

わたしがいちばん悩むのは美容室に行った時です。美容室って髪切ってる間、結構話しかけられますよね?だから、聴こえない側から話しかけられたりするとたまに聴こえないことがあります。

でも自分から「こっちの耳聴こえないんで、こっちから話してもらえますか?」っていうほどのことでもないんじゃないか?そもそもそんなに話しかけて来ないかもしれないのに言う必要あるかな?

とかめっちゃ考えてましたwでも、聴こえないことを伝えなかったせいで誤解が生じたり、意思の疎通がうまくいかなかったりするくらいなら伝えた方がいいんですよね。それが数時間のことだったとしても、言わないよりは言った方が絶対いいんです。

ちなみにわたしが最近行った美容室では「何か要望があればご記入ください」と、カウンセリングシートの質問項目に書いてくれていたので、いつ言おうかと悩む必要がありませんでした!こういうのはありがたいですよね。

関連記事:美容室Hair Clipが癒しと心づかいに溢れていたので紹介する【北海道滝川市】

スポンサーリンク


 

シチュエーション別!カミングアウトのタイミング

結局いちばん悩むのって、「いつ言うべきか?」ってところだと思います。そこで、シチュエーション別にカミングアウトのタイミングを紹介していきます!

▼就職が決まったとき

会社の人に言うタイミング。初対面の時に言うべし!入社前の面接のときに言ってもいいと思う。就職に不利になると思うなら言わなくてもいいが、健聴者にとってみれば大したことじゃない。

▼知らない人と集まる飲み会の席

聴こえない側に人がいたら、その人にはすぐにいうべし!できれば席を替わってもらって、聴こえない側には誰もいない状態をつくるのがベスト!

▼彼氏・彼女ができた時

すぐに言うべし!というか彼氏・彼女になる前に言っておこう!「片耳難聴だからムリ!」とかいう人はいないと思うが、理解してくれないような人とは付き合うな!

どんな場面においても、最初に言うのがベストですね。最初を逃すとどんどん言いづらくなってタイミングを失います!こういう場面になりそうだったら「今日は最初に言うぞ!」と決めておけば、タイミングを逃すことはなくなると思います!

自分の居心地のいい環境をつくろう!

自分が片耳難聴であることを知っている人が増えるほど生きやすくなるし、そういう環境は居心地がいいですよね。もっと自分の居心地がいい場所を増やすために、片耳難聴者はどんどんカミングアウトするべきだと思うんです。

カミングアウトって言うと大げさですけど、「わたしの趣味は読書なんです~」っていうレベルで「わたし片耳聴こえないんです~」って言っていいと思うんですよね。

仮に直接言えなくても、今はSNSとかブログとかで発信できるので、そういうところで伝えるのもアリだと思います。自分のハンデを伝えることで、自分の居心地のいい環境をつくっていきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道在住、26歳の転勤ツマ。片耳難聴者。借金持ちのめまいもち。大学卒業後、結婚して夫の転勤に伴い職を転々とする。誰でもできる仕事をするのが嫌になり、「自分にしかできないことをしよう!」と決心。わたしの人生を発信しています。