札幌でめまいを診てもらうなら山崎耳鼻咽喉科めまいクリニック

スポンサーリンク

どもっ!めまいもちの借金もち、まーちんです!

めまいもち歴2年半のわたしですが、病院には始めのころ2回ほど行って以来、行ってませんでした。だって良くならないし、お金かかるしw

しかし今回ついに病院行ってしまいました…”行ってしまいました“ってなんか負けたみたいな言い方w

それまで5か月ほど回転性のめまいがなかったので、もしかしたらこのままなおるのかもしれない!と思ってたんです。ところがここ2週間ほどで立て続けに回転性のめまいに襲われました。

自然に治るほど甘くはありませんでしたね。今回わたしが受診した、札幌のめまいの診察で有名な「山崎耳鼻咽喉科めまいクリニック」を紹介します。

札幌のめまいクリニックなら山崎耳鼻咽喉科めまいクリニック

ネットでめまいクリニックを調べていたら、山崎耳鼻咽喉科めまいクリニックをすすめているページを見つけたのでここに決めました。「耳鼻科に行ったらこのクリニックを紹介された」と書いていたので、これは間違いないだろうと思いました。

事前に電話で予約をしました。めまいの検査を受ける場合、午後の最終予約は14:30ということでした(めまいの検査に2時間半ほどかかるため)。詳しくはクリニックホームページをご確認ください!


山崎耳鼻咽喉科めまいクリニックホームページ

スポンサーリンク
 



診察の流れと詳しい検査内容を解説!

クリニックまでは夫の車で行ったので駐車場があるのか不安でしたが、10台ほど停められる駐車場がありました。

まーちん

こんにちは!14時半に予約していたまーちんと申します~

受付のお姉さん
まーちんさんですね!では保険証のコピーを取らせていただきますね~
まーちん
はい、これです
受付のお姉さん
はい、ではこちらの問診票を書いてお待ちください。裏面もありますのでご記入お願いします。

問診表は主に
・めまいについて
・耳鳴りについて
・難聴について

という項目の質問が並んでいました。ササーッと記入して受け付けに。

まーちん

書きました~。あの~、これ事前に今までの症状の経過を書いてきたんですけど、今出してもいいですか?

受付のお姉さん
分かりました、コピー取らせていただきますね!

という感じで今まで2年半のめまいの経過をメモした紙を提出しました。わたし病院で症状を説明するのが苦手なので、いつも事前にメモしていくようにしています。

病院は患者さんがたくさんいるので、先生も時間がないんですよね。だからモタモタしてると症状を伝えきれずに終わってしまいます。こういう事態を防ぐには事前に症状を書き出しておいて、それを渡すのが確実です。

めまいの検査内容

検査の前に、看護師さんが問診表をもとに詳しい症状について問診してくれます。ここで詳しく聞いてくれるので、問診票の記入は簡単でも大丈夫です。

そのあと実際に行った検査は、

●耳のレントゲン
●目の動きの検査(画面に出てくる点や線を目で追う)
●聴力検査
●鼓膜の検査

●平衡感覚の検査(目を開けて立っているときと、目をつぶって立っているときのふらつきを測定)

検査自体は全部で30分くらいですが、合間の待ち時間・診察も含めると2時間半くらいかかりました。でも、特別苦痛を伴う検査もなかったのでよかったですw

ただ鼓膜の検査は耳栓をして空気を送り込む(?)ような感じなので、ちょっと嫌な感じはします(飛行機乗ったときになるやつ!)

耳に水を入れてめまいが起こるかどうかを検査する「カロリック検査(温度刺激検査)」は次回やることになりました。

診断:遅発性内リンパ水腫

これまでの経過と、検査結果からわたしは「遅発性内リンパ水腫」ということでした。治療法がない難病らしい・・・w

1.遅発性内リンパ水腫とはどのような病気ですか?
遅発性内リンパ水腫とは、突発性または発症時期がわからない高度の難聴が先に発症し、その数年から数十年の後にぐるぐる回るめまい(回転性めまい)を繰り返す病気です。
(難病情報センター「遅発性内リンパ水腫」より引用)

処方された薬:イソバイド、五苓散(ゴレイサン)


症状はだいぶ落ち着いていましたが、めまい発作が続いたので薬を処方されました。薬局でもらった薬の説明によると・・・

イソバイド
高くなっている脳圧を下げたり眼圧を下げるお薬です。尿を出して耳の内リンパ圧を下げ、めまいなどの症状を改善します。
五苓散
浮腫、ネフローゼ、二日酔い、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病の治療に用いる漢方薬です。

この2種類の薬を1日3回飲んでいます。どっちもマズイww漢方はまあなんとか飲めますが、イソバイドがマズイです。シロップになってるのですが、3倍くらいに薄めないとわたしは飲めません。摂取4回目くらいでやっと慣れて、一気に飲めるようになりました。

飲みづらい人は水以外に、リンゴジュースやオレンジジュースで割って飲んでいる人もいるようですね。

結構お金かかるなあw

今回かかった金額は、検査料が初診料等も含めて、8650円。薬が、イソバイドと漢方35日分で6410円。合計15060円でした!結構かかったな~w3割負担でもこれくらいかかるので、受診される際はご注意を!

めまいで受診の際は事前に予約を!

めまいで初診の人は予約が優先になっているようなので、事前に予約しておきましょう。検査も結構時間がかかるので、後の予定は早くても3時間後以降にした方がよさそうです。

【診療時間】

午前 9:00~12:30
(受付開始8:30)
午後 14:00~17:00
(受付終了16:30)

※休診日:土日祝
※駐車場あり

【アクセス】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道在住、26歳の転勤ツマ。片耳難聴者。借金持ちのめまいもち。大学卒業後、結婚して夫の転勤に伴い職を転々とする。誰でもできる仕事をするのが嫌になり、「自分にしかできないことをしよう!」と決心。わたしの人生を発信しています。