即時払いで買い過ぎ防止!楽天デビットカード、まだもってないの?

スポンサーリンク

こんにちは、まーちんです!

普段のお買い物、支払いは現金派ですか?カード派ですか?

わたしはカード派です。でもカードと言ってもクレジットカードじゃなくて「デビットカード」を利用しています。

「クレジットカードって苦手だけど、会計が簡単に済むし、ポイントが貯まるのは魅力的」と思っている人にはデビットカードが合っています。

「デビットカードって聞いたことはあるけどよく分からない」という方に、中でもおすすめしたい【楽天銀行デビットカード】について分かりやすく紹介します!

ポイントも貯まりやすくてとってもお得なカードなんです。

デビットカードって何?クレジットカードとの違いは?

デビットカードは、お店で買い物をした際に口座から即時に引き落とされるカードです。

でも、使い方はクレジットカードとほぼ同じで、お会計の際に「カードでお願いします」と言ってカードで決済するだけ。

クレジットカードはJCBやVISAなどがありますが、デビットカードも同じです。そのブランドに加盟している店舗であればどこでも利用することができます(たまにできないこともあります、たまに)。

クレジットカードと違う点は主に5つ。

デビットカード クレジットカード
支払い方法
即時払い(支払いの際に口座から引き落とし) 後日引き落とし
支払い回数
1回払いのみ 1回払い・分割払い・リボ払いなど
月額利用限度額
限度額なし(預金残高の範囲内で) 限度額あり(カード会社の基準による)
年齢
16歳以上 18歳以上(高校生を除く)
入会審査
なし あり

(参考:楽天銀行デビットカード「クレジットカードとの違い」)

楽天銀行デビットカードのメリット

わたしがおススメしたいのは、楽天銀行デビットカード。おすすめポイントは5つ!

 

  • 即時払いで買いすぎを防止できる!
  • 高いポイント還元率(還元率1%)
  • 楽天市場でのお買い物はいつでもポイント2倍になる(100円ごとに2ポイント)
  • 年会費永年無料(JCBのみ)
  • 今なら1000円分のポイントがもらえるチャンスも!

 

クレジットカードは、支払いを先伸ばしにできて、今お金がなくても買い物ができてしまうのでついつい買いすぎてしまったりします。

その点、デビットカードは即時払い(カードで支払った時点で口座から引き落とされる)なので、現金と同じ感覚で買い物ができます。

つまり、買い物をしたら預金残高がその都度減るので【買いものをする→預金が減る】という流れを実感できるということです。

このおかげで買いすぎを防ぐことができます!

そして、ポイント還元率も1%なので「100円ごとに1ポイント」貯まります。これは他社のデビットカードと比べても高い還元率になっています。楽天市場での買い物は還元率2%になるのでさらにポイントがたまります。

わたしも今年だけですでに4400円分のポイントが貯まっていました。気づいたら結構貯まってるので、ポイント確認するのが楽しくなります!

楽天銀行デビットカードはデメリットもある?

デメリットはほぼありませんが強いて言うならば、「預金残高分の買い物しかできない」ことです。例えば3万円の商品を買いたい時に、口座に2万5千円しかなかったらその商品は買えません。

これがクレジットカードなら、支払いを先延ばしにできるのでこういう時にクレジットカードは便利です。

それならクレジットカードの方がいいかな!という人には楽天カードもあるのでそちらの方がいいかもしれません。

(ちなみに楽天市場で買い物するなら楽天カードの方がポイント還元率は高いです)。

楽天銀行デビットカードまとめ

クレジットカードと比べた時のデビットカードのメリットは、

 

  • 即時払いができる
  • 審査なしで作れる
  • 自分で限度額を決めることができる(預金残高が限度額になる)

 

デビットカードの中でも楽天銀行のデビットカードは、

 

  • ポイント還元率が高い(100円ごとに1ポイント)
  • 楽天市場での買い物はいつでもポイント2倍に(100円ごとに2ポイント)
  • 年会費永年無料(JCBのみ)
  • 今なら1000円分のポイントがもらえるチャンスも!

 

デビットカードにするだけで、お金の使い過ぎを防げてポイントも貯めることができます。

まだデビットカードをもっていない人は、ぜひ楽天銀行デビットカードから始めてみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道在住、26歳の転勤ツマ。大学卒業後、結婚して夫の転勤に伴い職を転々とする。誰でもできる仕事をするのが嫌になり、「自分にしかできないことをしよう!」と決心。わたしの人生を発信しています。