奨学金月5万借りるやつ卒業したら返済しなきゃないって忘れてないか?

スポンサーリンク

こんにちは!

奨学金を借りて国公立大学いきました、まーちんです!

わたしは月々5万円借りていましたが、今思えば借りなくてもなんとかなったと思いますw今日は奨学金を月々5万借りるとどんな生活になるのかと、卒業後の返済について書きます。

奨学金5万借りたわたしの場合

わたしは奨学金5万の他に、親からの仕送りが5万、バイト代が5万の計15万で生活していました。(学費はそれとは別に親が払ってくれていました)

人によるのかもしれませんが、わたしは何も不自由なく暮らすことができました!むしろ余裕があったくらいです。

 月15万の内訳

月15万の具体的な内訳です!大学時代の通帳を引っ張り出してみました。大体の金額で書き出してます。

f:id:mmaik1410:20180330124211j:image

その他44,500円・・・?

卒業するときに貯金はほぼなかったので何かには使ってたんだと思います。どっかに遊びに行ったり、雑貨買ったり、美容院行ったり、かな。(ちなみに北海道の東の方の大学に行ってたので、家賃は関東に比べたら安いと思います)

スポンサーリンク


 

奨学金は借金だってことを忘れがち

奨学金は借金です。そう思って借りる人、少ないと思います。でも、紛れもなく借金です。返さなきゃならないからね。(※返さなくていい奨学金もある)

在学中はほんとにそういう感覚がなくて、返済のことも「たいしたことないでしょ」と、とても楽観的でした。

いま振り返れば借りなくてもなんとかできた

内訳を見たらよく分かりますが、たぶん借りなくてもなんとかできたと、今更ながら思います。

バイトはしないで勉強する!とか、親からの仕送りなし!という場合は借りた方がいいかもしれません。もちろん5万じゃなくてもっと少ない金額を借りるという手もありますね。

ただわたしの場合はなんとかできるレベルだったと思います。なんとかすればよかったな〜、と思うようになったのは返済が始まってから。だからわたしみたいになる前によーく考えてください!

「この返済がなかったら・・・」と毎月思う

返済始まる前は、月1万5千円くらい楽勝でしょう〜って思ってました。でも、返済が始まると「これで美味しいもの食べられたな」とかこれであのコート買えたな」とか思うんです。(月14万くらいの手取りの時のわたしの場合です)

それが毎月40歳近くまで続くことを考えてみてください。女性の方は特に、結婚、出産することを考えるなら奨学金の返済は足手まといになります。

これが月1000円の返済だとしても、払わなきゃならないものを背負うってストレスになります(住宅ローンを抱える世のお父さん、お母さんほんとにすごいと思う)。

だから、借りないに越したことはないです!

迷ってるならまず「借りないパターン」を具体的に考えろ!

借りようかどうか迷ってるなら、まずこのことを忘れないでほしい。奨学金は借金だ!そして「借りないパターン」を具体的に想像してほしい。大学のたった4年間を我慢して暮らすぐらい、その後の返済を考えたらどうってことない!

人によって経済状況は違いますが、まずは借りない方向で考えてほしいです。社会人になったら、車買ったり、家買ったりでローンを組むこともあると思います。だから、せめて大学を卒業するときは何も背負っていない身軽な状態で、社会人の生活をスタートして欲しいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道在住、26歳の転勤ツマ。大学卒業後、結婚して夫の転勤に伴い職を転々とする。誰でもできる仕事をするのが嫌になり、「自分にしかできないことをしよう!」と決心。わたしの人生を発信しています。